2008年05月21日

なぜ毛が抜けるのか!

なぜ毛が抜けるのか!

抜け毛がなぜ生じるのかその原因が分ってきました。

ところで、実際の生活の中で、抜け毛の原因になるもの、なりやすいものを考えてみましょう。

基本的には生活習慣に原因があるので、その見直しが必要かと思います。

欧米的な脂っこい食事が好きな人や、栄養バランスの偏った食事をしている人。

汗っかきな人や、あまりシャンプーをしない人。

仕事や受験勉強など長期的なストレスが常にかかっている人などは、
その生活の中に抜け毛の原因が潜んでいるように思います。

タバコをよく吸う人なども要注意と言えます。

また、若い人で多いのが、ヘアカラーやパーマなどの過度なダメージを頭皮に与えてしまうことです。

自分らしくヘアスタイルを楽しむことはいいことですが、次から次へヘアチェンジを繰り返すことが、
抜け毛の原因につながる可能性もあることを知っておいて欲しいと思います。

また身体に関わること全てに言えることなのですが、摂取した栄養が十分細胞に行きわたらなくなると、
身体に不調を起こします。

抜け毛の原因のひとつは、毛に栄養を送っている毛細血管の血流が悪くなることで起こるのです。

また、それ以前に毛の成長を促すための必要な栄養をきちんと摂取しなければいけないということももちろんあります。

それだけではなく、毛穴の状態が原因で抜け毛を引き起こすこともあります。

毛が生えてくる、伸びていくために、毛穴の存在は重要です。

この毛穴が、皮脂などの汚れで詰まってしまうと、抜け毛の原因につながっていくことになります。

他に、自律神経に影響を与えるストレスの蓄積も、抜け毛を起こす原因と考えられています。


毛根をチェックっしましょう!

健康な髪の毛の毛根は、マッチ棒のように膨らみを持っています。

毛根から上を毛幹と言いますが、毛根と毛幹を比較して、毛根の膨らみの方が大きく太くあればあるほど、
丈夫な髪の毛であると言えます。

毛根の膨らみは、髪の毛の寿命とも関係しています。

そのため、この毛根と毛幹の差が少なくなってくると、髪の毛の寿命が少しずつ短くなっていることも考えられます。

実際に抜け毛の量がそれほど増えているようには思えなくても、本来なら4、5年生え続けるはずだった髪の毛が、
2年ほどで抜け毛となり、将来的に抜け毛で悩むようになってきます。

自分の抜け毛の毛根が自然脱毛のものであるかを知るためには、
健康な髪の毛の人の毛根を実際に見てみて比較してみるとわかりやすいかと思います。
posted by あちゃこ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。